本ページはプロモーションが含まれています。

更新日:2024年5月17日 | サレ妻情報局:Miyabi

夫の浮気を疑うサレ妻たちへ。自分で浮気調査を行う際のコツと注意点を詳しく解説します。浮気の兆候を見逃さず、正確に事実をつかむための方法を学びましょう。

浮気しているかも?と思えば思うほど、感情的になり浮気調査は失敗する確率が上がります。夫が不倫しているかもしれないという直感をサレ妻は持っています。

しかし、セルフ調査にはリスクも伴います。そのリスクを最小限に抑えるためのアドバイスもお伝えします。信頼関係の回復を目指すすべての妻に向けたガイドです。

おすすめサービス比較 自分で証拠集めをしても、それは法的に証拠能力がないものになる場合があり、意味がなくなってしまいます。まずはプロの探偵に相談してみましょう。
サービス HAL探偵社 響・Agent 原一探偵事務所 FUJIリサーチの浮気・不倫調査
ポイント HAL探偵社は、浮気調査に特化した大手探偵事務所で、証拠が取れなければ料金が発生しない「完全成功報酬プラン」を提供しています。調査成功率は97.5%と高く、顧客満足度も98.3%と評価が高いです。全国に18支店があり、多くのメディアに取り上げられています。 響・Agentは浮気・不倫調査に特化した探偵事務所で、代表は弁護士の西川研一氏です。無料相談から面談まで実施し、浮気調査の専門知識を持つプロが調査を行います。調査料金は明確で、低価格を保証しており、必要な場合には法的アドバイスも提供します。 原一探偵事務所は顧客のプライバシーを厳守し、追加料金なしで安心価格でサービスを提供。無料の見積もりと初期相談が可能で、調査力に自信がある。探偵業務での多くのメディア出演や豊富な経験を持つスタッフが特徴。 FUJIリサーチでは裁判で有効な決定的証拠の収集を行います。調査力を重視し、対象者に気づかれず証拠を集める専門技術を持っています。匿名での相談が可能で、全国対応しています。
料金 浮気調査には2つのプランがあります。「時間制プラン」は1時間7,000円(税込)、業界最安値を宣言しています。「完全成功報酬プラン」では、不貞の証拠が撮れなければ費用は発生しません。後払いで追加料金はなしです。 調査員1名1時間あたりの料金は6,600円から始まり、16時間を超える場合は3,300円からとなります。初期費用や追加費用はかかりません。 お見積もり時に決定され、その後の追加料金は発生なし。具体的な料金は無料相談時に提供。 相談内容によって変わる
運営 HAL探偵社 響コンサルティング 株式会社原一 株式会社ワンプロテクト
地域 日本全国 日本全国 日本全国 全国
詳細

目次

浮気の兆候を見抜く質問

浮気の兆候を探る質問は、まるで悪いことをした小学生が先生に問い詰められるようなもの。新しい服装の変化や特別な出来事、浮気に対する考え方、休日の過ごし方、友人からの情報など、彼の反応や答えを注意深く観察することで、隠れている真実を探ることができます。

まるで、小学生が隠れてクッキーを盗んだ後、手や口元にクッキーの痕跡が残っているのを先生が見つけるようなものです。

内容のポイント: 浮気の兆候を見抜くための質問は、彼の最近の変化や行動、価値観を知るためのもの。彼の反応や答えから、浮気の可能性を探ることができます。

最近、スタイルが新しくなったね。何かきっかけがあったの?

  • 意図: 服装や髪型の変化は、新しい関係を持つきっかけとなることがある。
  • 兆候: 人は新しい関係を持つとき、自分をより良く見せたいと考え、外見を変えることがある。
  • わかること: 彼が突然、ファッションに興味を持ち始め、新しい服を購入するようになると浮気の可能性がある

最近、何か嬉しいことや特別な出来事があった?

  • 意図: 普段と違う行動や態度は、何か新しい出来事があることを示す可能性がある。
  • 兆候: 人は新しい出来事や関係に興奮し、その影響で態度や行動が変わることがある。
  • わかること: 彼が普段よりも明るくなったり、興奮しているように見えると浮気の可能性がある。

あなたは浮気についてどう感じているの?

  • 意図: この質問は、彼の浮気に対する考え方や価値観を知るためのもの。
  • 兆候: 人の価値観や考え方は、その人の行動を大きく影響する。
  • わかること: 彼が浮気に対して甘い考えを持っている場合、浮気の可能性が高まる。

前回の休日、どんな風に過ごしたの?

  • 意図: 休日の過ごし方を知ることで、彼の最近の行動や関係を探ることができる。
  • 兆候: 休日は自由な時間なので、その過ごし方が彼の最近の状況を反映することが多い。
  • わかること: 彼が休日に何をしていたか、誰と過ごしていたかを知ることで、浮気の兆候を探ることができる。

友人から、あなたが他の女性と一緒にいるのを見たと聞いたんだけど、どういうこと?

  • 意図: 直接的な質問は、彼の反応を見るためのもの。
  • 兆候: 彼が驚いたり、動揺したりする反応を見せた場合、何かを隠している可能性がある。
  • わかること: 友人からの情報を元に、彼の反応を確認することで、浮気の疑念を持つことができる。

自分でできる浮気調査の手段

自分でできる浮気調査の手段

浮気調査を自分で行う場合、以下の手段や方法が考えられます。ただし、プライバシーの侵害や違法行為にならないよう注意が必要です。

デジタルデバイスの活用

自分で浮気調査を行う際に、デジタルデバイスを活用する方法について詳しく説明します。

GPSによる尾行: 相手の移動をリアルタイムで追跡

GPSを使った浮気調査は、リアルタイムでの移動追跡ができるので、尾行の手間がいりません。でも、浮気の現場を見つけるのは難しいこともあります。

また、GPSを使うことで、相手が変な行動をしないようになるメリットもあります。しかし、GPSを勝手に取り付けると、違法になることもあるので注意が必要です。

  1. パートナーを尾行する必要がない: GPSを使用すれば、尾行の手間を省くことができます。
  2. リアルタイムでの行動確認: パートナーの行動をリアルタイムで確認することができます。
  3. 行動履歴の蓄積: 過去の移動履歴も確認することができます。
  4. 浮気調査の費用: GPSを使用することで、調査の費用を削減することが期待されます。
  5. 違法性のリスク: GPSを無断で取り付けることは、違法となる可能性があります。

ポイント: GPSを使用した浮気調査は効率的ですが、違法性のリスクや浮気現場を直接押さえることの難しさも考慮する必要があります。

今では安価にGPSを手に入れることができます。スマホのアプリと連動して位置情報を共有してくれるようなサービスも存在します。ただ、プライバシーの侵害行為に当たる可能性がありますので、しっかりと法に則った形での情報収集が必要です。

LINEのメッセージ確認: アプリを使用してLINEの履歴をチェック

LINEのトークをチェックするためのアプリ、L.Checkerなどがあります。このアプリは、LINEのトーク履歴を解析して、どんなトークが多いのかや、トークの流れを見ることができます。でも、このようなアプリを使うときは、自分のトーク情報をアプリに見せることになるので、プライバシーのことをしっかり考える必要があります。また、アプリが安全かどうかも確認しましょう。

  1. トーク履歴の解析: トークの傾向や推移を確認することができます。
  2. ランキング機能: トークの頻度や内容に基づいてランキングを表示します。
  3. プライバシーの問題: トーク履歴を第三者のアプリにアクセスさせることになるため、プライバシーのリスクが存在します。
  4. セキュリティのリスク: アプリの信頼性やセキュリティ対策を確認する必要があります。

ポイント: LINEのトーク履歴を確認するアプリは便利ですが、使用する際にはプライバシーやセキュリティのリスクを十分に考慮する必要があります。

夫のスマホの勝手にインストールする行為は、不正アクセスになるので、サレ妻は十分注意する必要があります。せっかく情報を掴んだとしてもそれが裁判で使えないとなると本末転倒なので、考慮しましょう。

携帯電話のアプリ調査: 怪しいアプリやメッセージアプリの履歴を確認

スマートフォンの中には、出会い系アプリやマッチングアプリなど、浮気の疑惑を持たせるようなアプリがインストールされていることがあります。パートナーのスマホ内を調査して出会い系サイトのインストール履歴を確認することが推奨されています。

しかし、スマホの中身を確認する際には、プライバシーの問題や信頼関係の損傷を考慮する必要があり、夫婦関係が壊れてしまう恐れがあるので、指摘するのであれば注意しましょう。

  1. 出会い系アプリの存在: パートナーのスマホに出会い系アプリがインストールされているか確認。
  2. マッチングアプリの利用: マッチングアプリを利用している場合、浮気の可能性が高まる。
  3. プライバシーの問題: スマホの中身を確認することで、信頼関係が損傷する可能性がある。
  4. セキュリティの確認: スマホのセキュリティ設定やアプリのアクセス権限を確認する。

ポイント: スマホのアプリ調査は、浮気の疑惑を持たせるアプリの存在を確認することで、浮気の可能性を早期に発見し、対策を講じることができます。

ただし、「不倫などしていない」と夫は言うことでしょう。サレ妻が疑えば疑うほど、夫は不倫の事実を巧妙に隠すようになります。履歴があったとしてもしばらく指摘しないということも大切かもしれません。

パソコンの履歴調査: ブラウジング履歴やメールの確認

パソコンのブラウジング履歴やメールは、浮気の疑惑を持たせる情報が含まれている可能性があります。

ブラウザの履歴やGoogleアカウントの検索履歴、閲覧履歴を確認することで、出会い系サイトやマッチングアプリの利用履歴を発見することができます。

しかし、パソコンの履歴を確認する際には、プライバシーの問題や信頼関係の損傷を考慮する必要があります。

  1. ブラウジング履歴: 出会い系サイトやマッチングアプリの利用履歴を確認。
  2. メールの確認: メール内のやり取りや連絡先から浮気の疑惑を持たせる情報を探る。
  3. プライバシーの問題: パソコンの履歴を確認することで、信頼関係が損傷する可能性。

ポイント: パソコンの履歴調査は、浮気の疑惑を持たせる情報を発見するための有効な手段ですが、プライバシーや信頼関係の問題を考慮する必要があります。

パソコンにあまり詳しくない夫であれば、履歴の消し忘れ、あるいは履歴を残さないと言う設定をすることはできません。サレ妻がパソコンに詳しくなることで、こう言った情報を得ることができるようになるでしょう。

カーナビやドライブレコーダーのデータ確認: 移動履歴や録画データの確認

カーナビやドライブレコーダーのデータは、浮気の疑惑を持たせる情報が含まれている可能性があります。ドライブレコーダーで保存した録音や録画、GPSデータをこまめにチェックしてバックアップすることで、浮気の状況証拠として役立てられます。

  1. 移動履歴の確認: カーナビの走行履歴や走行軌跡を確認することで、浮気の疑惑を持たせる場所を特定。
  2. 録画データの確認: ドライブレコーダーの録画データを閲覧し、浮気相手とのドライブデートの記録を探る。
  3. プライバシーの問題: データの確認をすることで、信頼関係が損傷する可能性。

ポイント: カーナビやドライブレコーダーのデータ確認は、浮気の疑惑を持たせる情報を発見するための有効な手段ですが、プライバシーや信頼関係の問題を考慮する必要があります。

いつもどこかに出かけて家にいない。帰ってくるときは機嫌が良い。出ていく時も機嫌が良い。そんな兆候を感じているサレ妻は、カーナビの履歴を見てみるのも一つの手段かもしれません。夫が所有していない車であれば、履歴の情報を取得することは可能です。

関連商品(AD)

物理的な調査

物理的な調査は、浮気の疑惑を持たせる情報を直接収集する方法です。デジタルリサーチと物理的な素行調査の2つの大きなカテゴリがあり、特に物理的な素行調査では、実際に出向いて証拠を取得する調査になります。

財布の中身の確認: 領収書やメモのチェック。

浮気調査を自分で行う際、財布の中身は非常に重要な情報源となります。特に、領収書やメモは浮気の証拠として利用可能です。例えば、浮気相手との食事やデートの際の領収書、または浮気相手からのメモやメッセージが財布の中に残っている可能性があります。

これらのアイテムを定期的にチェックすることで、浮気の兆候を早期にキャッチすることができます。

  1. 領収書: 浮気相手との食事やデートの際の領収書が財布の中に残っている可能性があります。
  2. メモ: 浮気相手からの手紙やメッセージがメモとして財布の中に隠されていることがあります。
  3. 現金の増減: 予期しない大きな出費があった場合、それが浮気の証拠となる可能性があります。
  4. 会員証やポイントカード: 浮気相手とよく行く店のポイントカードや会員証が財布の中にある場合、それは浮気の兆候となる可能性があります。

ポイント: 財布の中身を定期的にチェックすることで、浮気の兆候を早期にキャッチすることができます。

ただし、「この領収書はなに?」「なにこの会員証は?」などとことある毎に指摘していては、夫も警戒し、証拠隠滅をはかろうとします。タイミングを見て、指摘していくようにしましょう。

金銭の動き(クレジットカード履歴、給与明細、交通系ICカード履歴)の確認

浮気調査を自分で行う際、金銭の動きは重要な手がかりとなります。特に、クレジットカードの利用履歴、給与明細、交通系ICカードの履歴は、浮気の証拠として利用可能です。

例えば、浮気相手とのデートや食事、旅行の際の支払いがクレジットカード履歴に記録されている可能性があります。また、給与明細をチェックすることで、予期しない出費や給与の増減を確認することができます。

  1. クレジットカードの利用履歴: 浮気相手とのデートや食事の際の支払いが記録されている可能性。
  2. 給与明細: 予期しない出費や給与の増減を確認。
  3. 交通系ICカードの履歴: 交通系ICカードを使用した移動履歴を通じて、浮気の証拠を見つけることができます。
  4. 不審な出費: 急な大きな出費や知らない店での支払いがある場合、それは浮気の兆候となる可能性があります。
  5. 頻繁な移動: 交通系ICカードの履歴を通じて、浮気相手との頻繁な移動を確認することができます。

ポイント: 金銭の動きを定期的にチェックすることで、浮気の兆候を早期にキャッチすることができます。

サレ妻が家計を管理しているのであれば、クレジットカードの利用履歴や給与明細と夫の出費の差でどの程度お金を使っているのか?がわかります。

なにに使っているのか?店の名前などがわかれば、そこが糸口になり、証拠として見つけられるかもしれません。

音声の録音: ボイスレコーダーを使用しての会話録音。

浮気調査を自分で行う際、ボイスレコーダーを使用しての音声録音は有効な手段となります。

特に、パートナーと浮気相手の会話や性行為中の音声を録音することで、浮気の証拠として利用可能です。

しかし、無断での録音はプライバシーの侵害として損害賠償請求を受けるリスクがあります。そのため、録音を行う際は法的な側面も考慮する必要があります。

  1. ボイスレコーダーの選び方: 録音した音声がクリアに聞こえる性能の高いボイスレコーダーを選ぶことが重要です。
  2. 法的側面: 無断での録音はプライバシーの侵害として問題となる可能性があるため、注意が必要です。
  3. 設置場所: ボイスレコーダーを仕掛ける場所によっては違法行為にあたる可能性があるので、適切な場所を選ぶ必要があります。
  4. 証拠能力: 録音した音声は浮気の証拠として認められる場合がありますが、そのための条件や仕掛ける場所などを考慮する必要があります。
  5. 録音の活用法: 探偵が教えるボイスレコーダーの活用法を参考にすることで、効果的な浮気調査を行うことができます。

ポイント: ボイスレコーダーを使用しての音声録音は浮気の証拠として有効ですが、法的な側面も考慮する必要があります。

最近は長時間録音できるボイスレコーダーも多いです。ただし、取得する場所や方法によっては、法的根拠にならない場合があり、慰謝料請求の根拠にならないこともありますので、サレ妻は注意しましょう。

映像の録画: 家や車内に設置した小型カメラでの録画。

浮気調査を自分で行う際、家や車内に設置した小型カメラを使用しての映像録画は非常に有効な手段となります。

特に、パートナーと浮気相手の会話や行動を録画することで、浮気の証拠として利用可能です。

  1. 小型カメラの選び方: 録画した映像がクリアに見える性能の高いカメラを選ぶことが重要です。
  2. 法的側面: 無断での録画はプライバシーの侵害として問題となる可能性があるため、注意が必要です。
  3. 設置場所: カメラを仕掛ける場所によっては違法行為にあたる可能性があるので、適切な場所を選ぶ必要があります。
  4. 証拠能力: 録画した映像は浮気の証拠として認められる場合がありますが、そのための条件や仕掛ける場所などを考慮する必要があります。
  5. 録画の活用法: 探偵が教えるカメラの活用法を参考にすることで、効果的な浮気調査を行うことができます。

ポイント: 小型カメラを使用しての映像録画は浮気の証拠として有効ですが、法的な側面も考慮する必要があります。

ボイスレコーダーと一緒で、小型のカメラを設置し、取得したデータについては、取得方法や場所によって、証拠能力に欠ける可能性があります。

不安な場合は、専門家に相談しましょう。

自らの尾行: 相手の行動を直接観察

浮気調査を自分で行う際、自らの尾行は非常に有効な手段となります。特に、パートナーの行動や様子を直接観察することで、浮気の証拠として利用可能です。

しかし、尾行は技術や経験が必要であり、相手に気づかれるリスクもあります。また、尾行中にトラブルが発生する可能性もあるため、注意が必要です。

  1. 尾行の技術: 尾行は簡単ではなく、相手に気づかれないように行う技術や経験が必要です。
  2. 尾行のリスク: 相手に気づかれると、トラブルの原因となる可能性があります。
  3. 証拠の取得: 尾行を通じて得られる情報は、浮気の証拠として非常に価値があります。
  4. 尾行の準備: 尾行を成功させるためには、事前の情報収集や準備が必要です。
  5. 法的側面: 無断での尾行はプライバシーの侵害や法的問題となるリスクがあります。

ポイント: 自らの尾行は浮気の証拠を得るための有効な手段ですが、技術や経験が必要であり、リスクも伴います。

尾行に不慣れなサレ妻が行うと、相手に見つかるリスクが非常に高まります。プロの調査は通常すごい遠くの位置から望遠鏡のようなカメラを使い証拠を集めます。

備考にもノウハウがあるため、不安であれば専門家に依頼するのが良いと思われます。

浮気調査で集めるべき証拠の種類

浮気調査で集めるべき証拠の種類

浮気や不倫の疑いがある場合、確固たる証拠を持っていることが非常に重要です。証拠があれば、交渉や裁判での立場が強くなります。以下は、浮気・不倫の証拠として有効とされるものの一部です。

  1. 写真: 浮気相手とのデートの様子やラブホテルへの出入りなどの状況を捉えた写真。
  2. 録音・録画データ: 浮気相手との会話や行動を記録した音声や映像。
  3. クレジットカードの利用明細、レシート: 浮気相手とのデートの際の支払い情報。
  4. Suica、PASMOなどの利用履歴: 移動履歴から浮気の場所や時間を特定。
  5. メール、LINE、手紙: 浮気相手とのコミュニケーションの記録。
  6. 手帳、日記、メモ: 浮気の予定や感情を記録したもの。
  7. GPS: 移動履歴を記録することで、浮気の場所や時間を特定。

ポイント: 浮気の疑いがある場合、具体的な証拠を集めることで、事実を確認し、交渉や裁判での立場を強化することができます。

不当な手段で取得した証拠は、証拠能力に欠ける恐れがあるので、注意する必要があります。また、慰謝料請求等に必要な具体性を持った証拠は以下です。

肉体関係の証拠

浮気調査を行う際、肉体関係の証拠は非常に重要です。不貞行為の証明として認められる証拠には、写真や動画、LINEやメールのトーク履歴などがあります。

特に、性的関係があるとわかる内容が含まれている場合、これらの証拠は非常に有力となります。しかし、単なるやり取りだけでは不十分で、前後の文脈も含めて証拠とすることが求められます。

関連する情報:

項目 詳細
LINEやメールのトーク履歴 性的関係を示唆する内容がある場合、証拠として有効。
写真や動画 不貞行為を確認できるものは強力な証拠となる。
クレジットカードの利用明細 不倫相手とのデートの証拠として利用可能。
GPSの利用履歴 配偶者の移動履歴を追跡し、浮気の現場を特定するために使用。
SNSの投稿 不貞行為を示唆する内容がある場合、証拠として考慮される。
録音データ 浮気の事実を認めるような会話を録音した場合、証拠として有効。
SuicaやPASMOの利用履歴 不倫相手の最寄り駅など、特定の場所への頻繁な移動を証明するために使用。

内容のポイント: 浮気調査での肉体関係の証拠は、写真や動画、通信履歴など多岐にわたりますが、取得方法や証拠の内容によってその有効性が変わるため、注意が必要です。

不貞行為である肉体関係に至るまでの行動も証拠の一部になります。サレ妻は、その現場だけを抑えるのではなく、相対的な情報集めを検討しましょう。

浮気の状況を記録した日記や録音データ

浮気の状況を詳細に記録した日記や録音データは、浮気の証拠として非常に有効です。日記は、浮気の状況や日時、場所などの詳細を時系列で記録することができ、事実関係を明確にするための重要な証拠となります。

一方、録音データは、浮気相手との会話や行動を直接記録することができるため、その内容が明確であれば強力な証拠となり得ます。ただし、録音データの取得方法や内容には法的な制約があるため、注意が必要です。

項目 詳細
日記の記録方法 手書きやデジタルでの記録、日時や場所の詳細な記載が重要。
録音データの取得方法 スマートフォンや専用の録音機器を使用。
法的制約 録音データの取得や使用にはプライバシーの問題や法的な制約がある。
証拠としての有効性 日記や録音データの内容が明確であれば、浮気の証拠として有効。
他の証拠との組み合わせ 写真やメッセージの履歴と組み合わせることで、より強力な証拠となる。

内容のポイント: 浮気の状況を記録した日記や録音データは、その内容が明確であれば強力な証拠となるが、取得や使用には法的な注意が必要です。

日記は電子的な情報も含まれます。SNSなどの情報は削除されないうちにしっかりとスクリーンショットを取っておきましょう。つじつまがある証拠が有効であると判断されやすくなります。

「自分ではない」と言い訳されて、証拠不十分とならないように、しっかりと証拠を集める必要があります。

不貞行為を認める自白データ

不貞行為の自白は、浮気の証拠として非常に有効です。特に、自白が録音データ書面として残されている場合、それは強力な証拠として認められる可能性が高いです。

しかし、自白だけでは裁判所に配偶者の不貞行為を認めてもらうためには、他の証拠と組み合わせることが重要です。自白を念書や録音など、第三者でも確認できる形で残しておくことが推奨されます。

項目 詳細
自白の形式 録音データや書面としての自白が最も有効。
法的制約 自白の取得方法や内容には法的な制約がある。
証拠としての有効性 自白データの内容が明確であれば、浮気の証拠として有効。
他の証拠との組み合わせ 写真やメッセージの履歴と組み合わせることで、より強力な証拠となる。
自白の信憑性 自白の内容が信頼性があるかどうかが重要。

内容のポイント: 不貞行為を認める自白は、その内容が明確であれば強力な証拠となるが、取得や使用には法的な注意が必要です。

夫婦喧嘩などで自白する場面があるかもしれません。録音データや書面などで残しておくことで、証拠能力が上がります。ただし、一方的に攻め立てて、自白させる場合、自白するだけの証拠がないと夫も自白はせず、サレ妻であるあなたへ不信感が残ってしまう可能性があります。

タイミングをしっかり検討するようにしましょう。

自分でする浮気調査のリスクと注意点

自分で浮気調査を行うことは、確かに経済的な負担を軽減することができるかもしれませんが、多くのリスクが伴います。

特に、配偶者のプライバシーを侵害する行為や、不法行為に該当する可能性があります。また、専門的な調査技術が不足している場合、必要な証拠を得られないことも考えられます。

項目 詳細
プライバシーの侵害 配偶者のスマホやPCの中身をチェックする行為は、プライバシーの侵害となる可能性がある。
法的リスク 不法行為となる可能性があるため、法的なトラブルに巻き込まれるリスクがある。
証拠の不足 専門的な調査技術が不足していると、必要な証拠を得られない可能性がある。
精神的なダメージ 調査を進める中で、精神的に追い詰められるリスクがある。
調査の露見 調査が配偶者に知られてしまう可能性がある。

内容のポイント
夫に知られて全て隠されてしまい、証拠を全く見つけることができなくなる。プライバシーの侵害や不正アクセスとして逆に訴えられてしまう。

サレ妻は、おおよそ初めて浮気調査を自分でやることになると思います。あまりにもリスクが大きい場合は、専門業者に依頼することが大切です。

サレ妻が探偵に依頼するメリット

探偵に浮気調査を依頼する最大のメリットは、リターン(得られる証拠)の大きさです。プロの探偵は尾行、聞き込みなどのさまざまな手段を駆使してターゲットの浮気の証拠をつかみます

この証拠は「浮気が疑われる」というものにとどまらず、「確実に浮気をしている」という証拠ですので、相手は言い逃れもできなくなるでしょう。

「言い逃れができない」ことがポイントとなってきますので、探偵に依頼することで確実に証拠を集めることができます。

  1. 専門的な技術: 探偵は専門的な技術や経験を持っているため、確実な証拠を提供できます。
  2. 法的知識: 探偵は法的な手続きや証拠の取り扱いに関する知識を持っています。
  3. 時間の節約: 自分で調査するよりも、探偵に依頼することで時間を節約できます。
  4. 精神的な安心: 探偵に依頼することで、自分の精神的な負担を軽減できます。
  5. 高い成功率: 探偵は浮気調査の成功率が高いため、確実な結果を期待できます。

ポイント: 探偵に浮気調査を依頼することで、確実な証拠を得ることができ、相手の言い逃れを防ぐことができます。

お金がもったいない。探偵に依頼するのは恥ずかしいなどと言って、適切なタイミングを逃したり、失敗したりすると、サレ妻だけではなく、家族全員に被害が及ぶ可能性があります。

自分でできるだけのことをするのは良いですが、できるだけ専門家に依頼する方が、安心で安全であると言えます。

プロの浮気調査の探偵の事例

1. 夫の変わった態度、そして驚きの発見

  • 相談者:50代女性
  • 調査料金:110,000円 (8時間×2名)
  • 結果の概要:夫の行動に疑問を感じ、調査を依頼。夫と浮気相手のデート風景やホテルへの入退室を確認。証拠を元に、慰謝料や養育費を確保し、離婚を決意。

2. 他社での失敗後、再度の挑戦

  • 相談者:40代男性弁護士
  • 調査料金:165,000円 (8時間×3名)
  • 結果の概要:前回の調査で結果が出なかったため再依頼。浮気相手とのデートやホテル利用を撮影。得られた証拠により、離婚を避ける方向で話し合い。

3. LINEのメッセージから疑念が…

  • 相談者:40代女性
  • 調査料金:110,000円 (8時間2名)
  • 結果の概要:夫のLINEのやり取りから浮気を疑い調査を開始。夫と浮気相手のホテル利用を確認。証拠を提示し、夫が浮気を認め、関係の修復を試みる。

参照URL:https://arche-rs.com/case/

合法的な証拠の収集ができる

探偵に浮気調査を依頼する際の大きなメリットの一つは、合法的な手段での証拠収集が可能であることです。探偵は法律の範囲内で調査を行い、適切な方法で証拠を取得します。これにより、後の法的手続きや裁判での証拠としての有効性が高まります。

専門的な調査手段の利用の利点

探偵に浮気調査を依頼する大きなメリットとして、専門的な調査手段を利用できることが挙げられます。探偵はプロとしての技術や知識を持ち、高度な調査機材や技法を駆使して調査を行います。これにより、短期間で確実な証拠を収集することが可能となります。

浮気調査の費用と相場

浮気調査を自分で行う場合、プロの探偵とは異なり、特別なスキルや機材が必要ないため、費用を抑えることができます。しかし、自分での調査にはリスクも伴います。以下に、自分でできる浮気調査の手段と、その費用や相場について一部をお伝えします。

  1. スマートフォンのチェック:
    • 手段: パートナーのスマートフォンをチェックすることで、浮気の兆候を探る。
    • 費用: 無料。ただし、プライバシーの侵害となる可能性があるため、注意が必要。
    • 相場: 一般的には無料ですが、専用のソフトウェアを使用する場合は数千円から数万円。
  2. 車の追跡:
    • 手段: GPSトラッカーを使用して、パートナーの車の動きを追跡する。
    • 費用: GPSトラッカーの購入費用やレンタル費用が必要。数千円から数万円。
    • 相場: 一般的には1日あたり数百円から数千円。
  3. SNSのチェック:
    • 手段: パートナーのSNSのアクティビティをチェックすることで、浮気の兆候を探る。
    • 費用: 無料。ただし、ストーキングとなる可能性があるため、注意が必要。
    • 相場: 一般的には無料。
  4. 公共の場所での待ち伏せ:
    • 手段: パートナーがよく行く場所で待ち伏せし、行動を観察する。
    • 費用: 交通費や食事代などの実費がかかる場合がある。
    • 相場: 一般的には数千円から数万円。

注意点として、自分での浮気調査は法的な問題やトラブルの原因となる可能性があるため、十分な注意が必要です。自分でやることでお金はかかりませんが、その分、リスクが重くのしかかります。

取り返しのつかない失敗をして、家庭を壊してしまうことも考えられますので、お金とリスクを天秤にして、しっかりと考えましょう。

まとめ:セルフで行う浮気調査のコツと注意点

不倫を疑う妻たちが自ら浮気調査を行う際のコツと注意点をまとめました。まず、証拠の収集は非常に重要です。

しかし、適切な方法で行わないと、証拠が無効となる可能性があります。また、プライバシーの侵害法的トラブルのリスクも考慮する必要があります。

コツ:

  1. 行動パターンの変化を注意深く観察する。
  2. 直接的な証拠よりも、間接的な証拠を集める。
  3. 専用のアプリやツールを利用して情報を収集する。

注意点:

  1. 相手に気づかれないように行動する。
  2. 法的な問題を避けるため、適切な方法で証拠を収集する。
  3. 精神的なストレスを考慮し、必要に応じて専門家の助けを求める。
項目 詳細
証拠の収集 不倫の証拠として有効なものは、メッセージのやり取りや写真など。
プライバシーの侵害 相手のプライバシーを尊重し、違法な方法での情報収集は避ける。
法的トラブル 証拠の収集方法によっては、法的な問題が生じる可能性がある。
行動パターンの変化 通常とは異なる行動や時間外の外出など、変わった行動があれば注意。
専用のアプリ 浮気調査に役立つアプリやツールが多数存在する。

ポイント: 自分で浮気調査を行う際は、証拠の収集方法やプライバシーの問題、法的なリスクを十分に理解し、注意深く行動することが求められます。適切な方法での調査が、最終的な解決に繋がります。

相手に気づかれない、法的に有効な証拠を集める、サレ妻自身のストレスを緩和するの3点が非常に大切な点になります。

はじめて自分で浮気調査をするのであれば、常に気を張っていることになるでしょう。お子さんがいるのであれば、敏感に感じて「ママ大丈夫?」と言ってくるかもしれません。

安心安全に新しい未来を描くためにも、慎重に考えて行動しましょう。

おすすめサービス比較 自分で証拠集めをしても、それは法的に証拠能力がないものになる場合があり、意味がなくなってしまいます。まずはプロの探偵に相談してみましょう。
サービス HAL探偵社 響・Agent 原一探偵事務所 FUJIリサーチの浮気・不倫調査
ポイント HAL探偵社は、浮気調査に特化した大手探偵事務所で、証拠が取れなければ料金が発生しない「完全成功報酬プラン」を提供しています。調査成功率は97.5%と高く、顧客満足度も98.3%と評価が高いです。全国に18支店があり、多くのメディアに取り上げられています。 響・Agentは浮気・不倫調査に特化した探偵事務所で、代表は弁護士の西川研一氏です。無料相談から面談まで実施し、浮気調査の専門知識を持つプロが調査を行います。調査料金は明確で、低価格を保証しており、必要な場合には法的アドバイスも提供します。 原一探偵事務所は顧客のプライバシーを厳守し、追加料金なしで安心価格でサービスを提供。無料の見積もりと初期相談が可能で、調査力に自信がある。探偵業務での多くのメディア出演や豊富な経験を持つスタッフが特徴。 FUJIリサーチでは裁判で有効な決定的証拠の収集を行います。調査力を重視し、対象者に気づかれず証拠を集める専門技術を持っています。匿名での相談が可能で、全国対応しています。
料金 浮気調査には2つのプランがあります。「時間制プラン」は1時間7,000円(税込)、業界最安値を宣言しています。「完全成功報酬プラン」では、不貞の証拠が撮れなければ費用は発生しません。後払いで追加料金はなしです。 調査員1名1時間あたりの料金は6,600円から始まり、16時間を超える場合は3,300円からとなります。初期費用や追加費用はかかりません。 お見積もり時に決定され、その後の追加料金は発生なし。具体的な料金は無料相談時に提供。 相談内容によって変わる
運営 HAL探偵社 響コンサルティング 株式会社原一 株式会社ワンプロテクト
地域 日本全国 日本全国 日本全国 全国
詳細