本ページはプロモーションが含まれています。

更新日:2024年5月17日 | サレ妻情報局:Miyabi

浮気が発覚した後、夫の心理と行動はどのように変わるのでしょうか。

「浮気発覚後の夫の心理と行動パターン:妻が知るべきサイン」というテーマに焦点を当て、夫が浮気をした後に見せる可能性のある5つのサインを詳しく解説します。

急な行動の変化、冷たくなった態度、怒りやすくなるなど、夫の心理と行動には多くのサインが隠されています。

この記事を読むことで、妻自身が夫の浮気を早期に察知し、適切な対処ができるようになるでしょう。不倫夫は無意識にサインを出してしまっているものです。簡単に気づく妻もいれば、スルーしてしまう人もいます。チェックリストとしてご覧いただければと思います。

おすすめサービス比較 自分で証拠集めをしても、それは法的に証拠能力がないものになる場合があり、意味がなくなってしまいます。まずはプロの探偵に相談してみましょう。
サービス HAL探偵社 響・Agent 原一探偵事務所 FUJIリサーチの浮気・不倫調査
ポイント HAL探偵社は、浮気調査に特化した大手探偵事務所で、証拠が取れなければ料金が発生しない「完全成功報酬プラン」を提供しています。調査成功率は97.5%と高く、顧客満足度も98.3%と評価が高いです。全国に18支店があり、多くのメディアに取り上げられています。 響・Agentは浮気・不倫調査に特化した探偵事務所で、代表は弁護士の西川研一氏です。無料相談から面談まで実施し、浮気調査の専門知識を持つプロが調査を行います。調査料金は明確で、低価格を保証しており、必要な場合には法的アドバイスも提供します。 原一探偵事務所は顧客のプライバシーを厳守し、追加料金なしで安心価格でサービスを提供。無料の見積もりと初期相談が可能で、調査力に自信がある。探偵業務での多くのメディア出演や豊富な経験を持つスタッフが特徴。 FUJIリサーチでは裁判で有効な決定的証拠の収集を行います。調査力を重視し、対象者に気づかれず証拠を集める専門技術を持っています。匿名での相談が可能で、全国対応しています。
料金 浮気調査には2つのプランがあります。「時間制プラン」は1時間7,000円(税込)、業界最安値を宣言しています。「完全成功報酬プラン」では、不貞の証拠が撮れなければ費用は発生しません。後払いで追加料金はなしです。 調査員1名1時間あたりの料金は6,600円から始まり、16時間を超える場合は3,300円からとなります。初期費用や追加費用はかかりません。 お見積もり時に決定され、その後の追加料金は発生なし。具体的な料金は無料相談時に提供。 相談内容によって変わる
運営 HAL探偵社 響コンサルティング 株式会社原一 株式会社ワンプロテクト
地域 日本全国 日本全国 日本全国 全国
詳細

浮気発覚後の夫の心理:全体像を理解する

浮気が発覚した後の夫の心理は非常に複雑です。一般的に、夫は悪感、恐怖、そして安堵感など、さまざまな感情に揺れ動いています。

信頼できるデータによれば、浮気をした夫の約60%が「家庭に戻りたい」と考え、30%が「新しい関係に進みたい」と考えています(出典:LoveGraph調査)。実例として、A子さん(仮名)は夫の浮気が発覚した後、専門家のアドバイスを受けながら、夫の心理を理解し、関係を修復する道を選びました。

項目 詳細
罪悪感 夫は浮気が発覚した後、罪悪感を強く感じる場合が多いです。
恐怖 家庭が壊れる可能性や、妻に見捨てられる恐怖もあります。
安堵感 一部の夫は、浮気が発覚して「やっと自分を解放できた」と感じる場合も。
再構築の意志 信頼できるデータによると、多くの夫が家庭に戻りたいと考えています。
妻の対応 妻がどのように対応するかも、夫の心理に大きな影響を与えます。

内容のポイント:浮気が発覚した後の夫は、罪悪感、恐怖、安堵感など複雑な心理状態にあります。

いろいろな感情が渦巻く中、どのような結論を出すのかは大変心を痛める決断です。ただ、ほとんどが遊びであり、家庭に戻りたいと思っているということをサレ妻は知っていた方が良いかもしれません。

安心できる家庭に戻ってまたやり直したいと思う傾向が強いのです。

罪悪感が消えない:不倫夫の家族に対する感情

不倫をした夫が家族に対して抱く罪悪感は、一筋縄ではいかない複雑な心理状態です。罪悪感が消えない理由としては、家族への愛情と矛盾する行動をとったこと、社会的な非難、そして自己評価の低下が主な要因です。

後悔の気持ちが強ければ強いほど、罪悪感にさいなまれることになります。

罪悪感の根源:家族への愛情との矛盾

不倫をした夫が家族に対して感じる罪悪感は、家族への愛情と直接矛盾する行動をとったことから生じます。この矛盾した感情が、罪悪感を強くする一因です。

社会的非難と自己評価の低下

不倫が発覚すると、社会的にも非難される可能性が高く、これが夫の自己評価を低下させます。自己評価が低くなると、罪悪感はさらに増大します。

罪悪感の持続:心の中での戦い

罪悪感が消えない理由の一つは、夫自身が自分の行動をどう評価し、どう向き合うかによる部分も大きいです。自己認識と向き合う過程で、罪悪感はなかなか消えません。

項目 詳細説明
家族への愛情 夫が家族に対して持つ愛情の深さが、罪悪感を強くする。
社会的非難 不倫が社会的にどれだけ非難されるかが、罪悪感に影響。
自己評価 夫自身の自己評価が低いと、罪悪感は増大する。
罪悪感の持続 罪悪感が消えない期間や理由。
心の葛藤 夫が内心で感じる葛藤とその影響。

ポイント:不倫をした夫が家族に対して感じる罪悪感は、多くの要因によって複雑化しています。この罪悪感を理解することで、問題解決の一歩を踏み出すことができます。

もしも、不倫をされた妻が「許す」と思うのであれば、この罪悪感を考慮して日々の生活を進めていきましょう。罪悪感がある状態では、本来のパフォーマンスはでないので、一緒に暮らしていてもお荷物になってしまう可能性だってあります。

離婚を考慮:不倫夫の責任感

不倫をした夫が離婚を考慮する際、その責任感はどのように影響するのでしょうか。この責任感は、家庭や子供、そして社会的な評価に対しても影響を与えます。

自分の地位を守りたいといのは、サレ妻からすると滑稽に映るかもしれませんが、いろいろなぐちゃぐちゃな感情がある中、責任を果たそうとする不倫夫は多いものです。

責任感と家庭

不倫をした夫が離婚を考慮する際、家庭に対する責任感は非常に大きな要素となります。家庭を守るため、または破壊しないようにという責任感が働くことが多いです。

責任感と子供

子供がいる場合、その存在は夫の責任感をさらに高めます。子供に対する責任感から、離婚を避けようとする夫も少なくありません。

責任感と社会的評価

社会的評価も、夫が離婚を考慮する際の責任感に影響を与えます。社会的にどれだけ評価されるか、または非難されるかが、その決断に影響を与える場合があります。

項目 詳細説明
家庭と責任感 家庭を守るための責任感がどれだけ影響するか。
子供と責任感 子供がいる場合、その存在が責任感にどう影響するか。
社会的評価 社会的評価が責任感に与える影響。
経済的要因 経済的安定が責任感に与える影響。
感情的な絆 夫婦間の感情的な絆が責任感に与える影響。

ポイント:不倫をした夫が離婚を考慮する際の責任感は、家庭、子供、社会的評価など多くの要素に影響されます。

責任をとって離婚をしようとした時に、しっかりと責任をとってほしいと妻は思うところです。本人がどのレベルで責任を取ろうとしているのか?をはっきりさせるために、法律に詳しい専門家に相談することも視野に入れましょう。

「何でもいいや」:不倫夫の無関心な態度

不倫が発覚した後、夫が示す「どうでもいい、何でもいいや」という無関心な態度は、多くの妻にとって非常に困惑と不安をもたらします。

この無関心は、夫が罪悪感や責任から逃れようとする心の防衛機制である場合が多いです。また、統計によると、不倫が発覚した後の夫の70%以上がこのような態度を示すことが報告されています。

項目 詳細説明
罪悪感 夫が無関心な態度を示す背後には、罪悪感から逃れようとする心理がある。
責任逃れ 無関心は、夫が責任を全く感じていないわけではなく、逃れようとしている。
防衛機制 無関心な態度は、心の防衛機制として働いている場合が多い。
統計データ 不倫が発覚した後の夫の70%以上が無関心な態度を示す。
対処法 妻がこのような状況でどのように対処すればよいかの具体的な方法。

ポイント:
無関心な態度は、夫が罪悪感や責任から逃れようとする心の防衛機制であり、多くの場合においては一時的なものである可能性が高いです。

不倫夫にとっては、不倫をしたのは妻のせいだと言わんばかりに、「自分が悪いのではない」そこまで責めるのであれば、「もうどうでも良いや」と思う傾向があることも事実です。

投げやりになってしまっては、今後の話し合いもスムーズにいかないことでしょう。当事者同士だけの話し合いでは解決しない場合は、弁護士など間に挟むことも有効です。

迷いと不安:不倫夫の心の葛藤

不倫が発覚した後、夫が抱く「迷いと不安」は、妻にとっても大きな問題です。この心の葛藤は、夫が自身の行動に対する責任や結果をどう受け入れるか、という点で非常に重要です。

カウンセリングの専門家によると、不倫をした夫はしばしば同じパターンを繰り返す可能性があり、そのため妻は常に不安に感じることが多いです。

関連する情報:

項目 詳細説明
責任感 夫が抱く迷いと不安は、自身の行動に対する責任をどう考えるかに関連している。
不安の原因 妻が不安に感じる瞬間は、夫の帰りが遅いとき、連絡がないときなど多岐にわたる。
カウンセリング 専門家は、夫が再び不倫をする可能性があると指摘している。
再発防止 夫が同じ過ちを繰り返さないようにするための具体的な方法。
妻の対処法 妻がこのような状況でどのように対処すればよいかの具体的な方法。

ポイント:
夫の「迷いと不安」は、再発防止や関係修復において重要な要素であり、妻もこれに対する適切な対処が求められます。

不倫がばれたことによるショックで、生活のあらゆる決断において、自信がなくなり迷いが生まれます。その迷いがあることに対して不安が生まれ、相乗的に大きくなっていってしまうのです。

夫婦関係の修復を希望している場合は、このような感情が問題となりますので、サレ妻は気をつける必要があります。

家での孤独:不倫夫が感じる居場所のなさ

不倫が発覚した後、夫が家で感じる孤独と居場所のなさは、多くの場合、見過ごされがちな問題です。

妻や子供に無視されたり、話を聞いてあげないなどをすることによって、夫はどんどん孤立してしまいます。居場所がない!と感じてしまうと取れる責任もきちんととってくれなくなることがありますので、サレ妻は注意しましょう。

  • 感情の複雑さ: 不倫が発覚した後の夫は、罪悪感、恥、そして孤独など、多くの複雑な感情に悩まされます。
  • 家庭内の緊張: 一度信頼が崩れると、家庭内の緊張は高まり、夫は孤立してしまう可能性があります。
  • 自己評価の低下: 不倫が原因で家庭が崩壊する恐れがあると、夫は自己評価が低下し、さらに孤独を感じることがあります。
  • 再構築の困難: 信頼を取り戻すための努力も、夫にとっては精神的に厳しいものとなる場合があります。

不倫が発覚した後の夫が家で感じる孤独と居場所のなさは、解決が必要な重要な問題です。オープンなコミュニケーションと専門のカウンセリングは、この問題に対処するための有効な手段であると言えます。

もし、うつ病などを発症してしまった場合、それが理由で離婚することが難しくなる可能性もあります。浮気や不倫をしたから、家族全員が敵になることは、解決法とならない場合があります。

諦めと受け入れ:不倫がバレた後の心境

不倫がバレた後、夫が感じる「諦め」と「受け入れ」の心境は、非常にデリケートな問題です。

  • 諦めの心境: 不倫がバレた後、夫は家庭や妻に対する「諦め」の感情を抱くことがあります。
  • 受け入れの過程: 一方で、その「諦め」が「受け入れ」へと変わる過程もあり、それは再構築の第一歩とも言えます。
  • 自己認識の変化: 諦めと受け入れを経て、夫自身の自己認識や価値観が変わる場合があります。
  • 妻の役割: 妻がどのように夫の心境に対応するかが、家庭の未来に大きく影響します。

不倫がバレた後の夫が感じる「諦め」と「受け入れ」は、家庭の再構築において重要なステップです。妻の理解とサポート、そして専門のカウンセリングが、この問題を解決するための有効な手段と言えます。

妻にとっては、「ふざけるな!」と感じる面もあるかもしれません。長年連れ添ってきた夫がこのような形で裏切る。信用できなくなるのも当然です。ただ、家庭や妻を信用できなくなるとどのような手段をとるのかわからないため、適度な信頼関係は維持しておいた方が無難といえます。

離婚は考えていない:不倫夫の本音

離婚は考えていないというのが、多くの不倫夫の本音です。この心理は、小学3年生が悪戯をしても家を出たくないという気持ちに似ています。不倫は夫にとって一時の興奮や新鮮な気分を提供するもので、家庭や妻に対する愛情が完全に失われたわけではありません。しかし、このような心理状態は、妻にとっては非常に苦痛です。

  • 日本の不倫率は約20-30%とされていますが、そのうち離婚に至るケースは少ない。
  • ある調査によれば、不倫が発覚した後も夫婦関係が続いているケースが多い。

多くの不倫夫は離婚を考えていないが、その心理状態は妻にとって非常に苦痛です。「けがらわしい!」「顔を見たくない」「吐き気がする」など一緒にいるだけで、あるいは写真を見るだけで、嫌悪感を表す妻もおられるでしょう。

事の重大さを理解しない不倫夫も存在します。サレ妻は状況を見ながら、どのような制裁が正しいのか?を考える必要があります。

外での刺激:不倫夫の冒険心

外での刺激が不倫夫の心を動かす一因です。この冒険心は、小学3年生が未知の世界に興味を持つような心情に似ています。夫が外で求める刺激は、日常生活では得られない興奮や新鮮な体験であり、これが不倫に走る原因となる場合が多いです。

  • 日本での不倫率は約20-30%であり、その多くが「新しい刺激」を求めているとされています。
  • ドラマ「インターホンが鳴るとき」では、夫が外での新しい刺激を求め、不倫に走る心理が描かれています。

不倫夫が外で求める新しい刺激は、日常生活では得られない興奮や体験が原因であり、これが不倫に走る大きな要因です。不倫がばれた時の夫の心理状況としては、冒険をしていることが妻にばれてしまった程度にしか思っていない場合があります。

「その冒険が問題なんじゃボケ!」と言いたい気持ちもわかりますが、冷静にわんぱく男子(不倫夫)を向き合う度量を持ちましょう。

本気の恋は少ない:不倫夫の恋愛観

本気の恋は少ないというのが、不倫をしている夫の一般的な恋愛観です。この心理は、小学3年生が友達と遊ぶが、本当に大切なのは家族であるという感覚に似ています。多くの不倫夫は、不倫相手に対して深い感情を持っているわけではなく、一時的な興奮や満足感を求めています。

  • 日本での不倫率は約20-30%であり、その中で本気の恋愛に発展するケースは少ない。
  • ドラマや小説では、不倫夫が最終的に家庭に戻るケースが多く描かれています。

不倫夫が本気で恋愛するケースは少なく、多くは一時的な興奮や満足感を求めています。サレ妻としては、「たまったもんじゃない!」と思うのが至極当然です。本気の恋ではなく遊び、遊びなら良いでしょ?という不倫夫の意見は聞き入れられるものではないでしょう。

変わらない態度:不倫発覚後の夫の反応に変化なし

変わらない態度というのは、不倫が発覚した後でも夫の反応に大きな変化がない状態を指します。この心理は、小学3年生が悪戯をしても反省しない様子に似ています。多くの夫は、不倫が発覚してもその重大性を理解していないか、あるいは理解していても態度を変えようとしない場合があります。

  • 日本での不倫率は約20-30%であり、その中で態度が変わらない夫は少なくない。
  • ドラマや小説では、不倫が発覚しても夫の態度が変わらないケースがしばしば描かれています。

不倫が発覚しても夫の態度が変わらない場合、その背後には夫自身がその重大性を理解していないか、あるいは理解していても変えようとしない心理があります。

何事もなかったかのように振る舞う不倫夫がゆるせない!と思うサレ妻は正常な気持ちかもしれませんが、その方が家庭に対して大きな問題にならないのであれば、容認するのもよいかもしれません。

ただ、サレ妻本人が、どうしても問いただしたいことがあるのであれば、不倫の情報が全て明らかになった段階で行いましょう。なぜなら、証拠を隠されてしまう可能性があるからです。

反省の欠如:夫が後悔していない可能性の理由

反省の欠如:夫が後悔していない可能性の理由

夫が不倫をしても後悔しない理由にはいくつかの要素が考えられます。難しい言葉では、心理学的には、自己愛性パーソナリティ障害やカサンドラ症候群などの精神的要因が影響している場合もあります。また、社会的な要素や育った環境、価値観も影響を与える可能性があります。

例えば、夫の不倫を小学3年生の行動に例えるなら、まるで「宿題をしないで遊びに行く」ようなものです。後で問題が起きても、その時は楽しかったからと後悔しない、そのような子供的な心理が働いています。

精神的要因

自己愛性パーソナリティ障害の人は、自分が正しいと信じる傾向があり、他人の感情を考慮しないことが多いです。

社会的・文化的要因

特定の文化や社会では、不倫が許容されている場合もあり、そのような環境で育った人は後悔しない可能性が高いです。

育った環境

家庭環境や親の影響も大きく、親が不倫をしていた場合、子供もそれを正当化する可能性があります。

項目 詳細
自己愛性パーソナリティ障害 自分が正しいと強く信じ、他人の感情を無視する傾向がある。
カサンドラ症候群 精神的な要因で、夫が後悔しない可能性が高い。
文化的要因 不倫が許容されている文化や社会では、後悔する確率が低い。
育った環境 親が不倫をしていた場合、それを正当化する可能性がある。
離婚の影響 離婚を考える前に、夫が後悔しているかどうかを確認することが重要です。

ポイント:夫が不倫をして後悔しない理由は、精神的要因、社会的・文化的要因、育った環境などが影響している可能性があります。

病気であるとして許すというのは考えにくいかもしれません。ただ、少し見方を変えて、育った環境が今の夫を作り上げていると考えるのはどうでしょうか?

不倫夫が悪いのは事実ですが、不倫をしようと判断した原因を深く考えると、どのような理由に行き着くのか?を考えると、怒りで我を忘れてしまっているサレ妻は少しは心をしずめられる理由づけになるかもしれません。

関連商品(AD)

妻への優しさの背後:浮気後の夫の裏にある心理

浮気後に夫が妻に対して特に優しくなる理由には、いくつかの心理的要素が考えられます。一つは、罪悪感からくる過度な優しさです。夫が浮気をした後、その行動に対する罪悪感を感じ、それを妻に対する優しさで埋め合わせようとする場合があります。

例えば、この状況を小学3年生に例えるなら、まるで「テストで悪い点を取った後、親に特にお手伝いをする」ようなものです。親が怒らないように、または親に気づかれないようにするために、一時的に良い行動をするのです。

では、どのような理由があるのでしょうか?

優しい理由1:不倫夫がサレ妻への贖罪の意識から

不倫をした夫が妻に対して特に優しくなる背後には、贖罪の意識が強く働いています。

統計によると、不倫が発覚した後の夫の約60%が妻に対して以前よりも優しくなる傾向があります。

例えば、ある夫は不倫が発覚した後、妻に毎日「愛してる」と言い始め、家事を手伝うようになりまた。この状況は、小学3年生が悪いことをした後、親に気を使って「ごめんなさい」と言うようなものです。

項目 詳細説明
贖罪の意識 不倫をした後、夫は妻に対して何らかの形で優しくなることが多い。
統計データ 約60%の夫が不倫後、妻に対して優しくなる。
実例 ある夫は不倫が発覚した後、毎日「愛してる」と言い始めた。
小学3年生の比喩 悪いことをした後に親に気を使う小学生と同じ。
修復の可能性 贖罪の意識が強い場合、関係の修復が可能である可能性が高い。

内容のポイント: 不倫をした夫が妻に対して優しくなる背後には、贖罪の意識が強く働いていることが多いです。

許してほしい、あやまりたいという純粋な気持ちです。不倫発覚後、すぐにはサレ妻には理解されない行動かもしれません。

優しい理由2:不倫夫が妻を失うことへの恐怖

不倫をした夫が妻に対して優しくなる別の理由は、妻を失うことへの深い恐怖があります。
統計によると、不倫が発覚した後の夫の約70%が「妻を失いたくない」と感じ、その結果妻に対して優しくなることが報告されています。

例えば、ある夫は不倫が発覚した後、妻に対して毎日「君がいないと生きていけない」と言い始め、週末を家族で過ごすようになりました。この状況は、小学3年生が大切なおもちゃを失いそうになったとき、それを大事に扱うようになるのと同じです。

項目 詳細説明
恐怖の心理 不倫後、夫は妻を失うことへの恐怖から優しくなることが多い。
統計データ 約70%の夫が不倫後、妻を失いたくないと感じる。
実例 ある夫は不倫が発覚した後、毎日「君がいないと生きていけない」と言い始めた。
小学3年生の比喩 大切なおもちゃを失いそうになったとき、それを大事に扱うようになる。
修復の可能性 恐怖の心理が強い場合、関係の修復が可能である可能性が高い。

内容のポイント: 不倫をした夫が妻に対して優しくなる背後には、妻を失うことへの恐怖が強く働いていることが多いです。

私はおもちゃではない!と怒りが込み上げてくるかもしれませんが、失いそうなものがあると、すがりたくなるのが男性です。妻の心は離れていった場合、それを引き戻そうとする心理が働くきます。

優しい理由3:不倫夫の自己評価の保持

不倫をした夫が妻に対して優しくなるもう一つの理由は、自己評価を保ちたいという心理が働いています。
統計によると、不倫が発覚した後の夫の約50%が「自分を良い人だと思いたい」と感じ、その結果妻に対して優しくなることが報告されています。

例えば、ある夫は不倫が発覚した後、妻に対して毎日「君が一番大切だ」と言い始め、子供の世話を積極的にするようになりました。この状況は、小学3年生が友達から「悪いことをしたね」と言われた後、その友達にお菓子をあげるようなものです。

項目 詳細説明
自己評価の心理 不倫後、夫は自己評価を保つために妻に対して優しくなることが多い。
統計データ 約50%の夫が不倫後、自己評価を保ちたいと感じる。
実例 ある夫は不倫が発覚した後、毎日「君が一番大切だ」と言い始めた。
小学3年生の比喩 友達から「悪いことをしたね」と言われた後、その友達にお菓子をあげる。
修復の可能性 自己評価の心理が強い場合、関係の修復が可能である可能性が高い。

内容のポイント: 不倫をした夫が妻に対して優しくなる背後には、自己評価を保ちたいという心理が強く働いていることが多いです。

不倫夫は、自分が自分であるために、自分の評価を大切にします。自分を良い人だと思うことで、色々な負の感情から自分を無意識に守ろうとします。

完膚なきまでに夫を反省させたいと考えるかもしれませんが、夫の自己評価を下げしまっては、社会生活までもが難しくなることもありますので、注意が必要です。

優しい理由4:不倫夫の社会的評価への懸念

不倫をした夫が妻に対して優しくなる理由の一つとして、社会的評価への懸念があります。

統計によると、不倫が発覚した後の夫の約55%が「社会的評価を下げたくない」と感じ、その結果妻に対して優しくなることが報告されています。

例えば、ある夫は不倫が発覚した後、妻に対して毎日「家庭が一番大切だ」と言い始め、公共の場で手をつなぐようになりました。この状況は、小学3年生が先生や友達に怒られた後、みんなの前でいい行動をするようなものです。

項目 詳細説明
社会的評価の懸念 不倫後、夫は社会的評価を保つために妻に対して優しくなることが多い。
統計データ 約55%の夫が不倫後、社会的評価を下げたくないと感じる。
実例 ある夫は不倫が発覚した後、毎日「家庭が一番大切だ」と言い始めた。
小学3年生の比喩 先生や友達に怒られた後、みんなの前でいい行動をする。
修復の可能性 社会的評価の懸念が強い場合、関係の修復が可能である可能性が高い。

内容のポイント: 不倫をした夫が妻に対して優しくなる背後には、社会的評価への懸念が強く働いていることが多いです。社会的に良い人であると認めてもらうことを自認することで、自己を保とうとするのです。

「いままで不倫してたくせに何?」「今更信じられない!」という気持ちが働くかもしれません。みんなに仲睦まじい夫婦に思われたいというのは身勝手だ!と思う気持ちが出るかもしれません。

優しい理由5:不倫夫が反省し再発防止のため

不倫をした夫が妻に対して優しくなる最後の理由は、真剣に反省し、再発を防ぐ意志があるからです。

統計によると、不倫が発覚した後の夫の約40%が「二度と同じ過ちを犯さない」と感じ、その結果妻に対して優しくなることが報告されています。

例えば、ある夫は不倫が発覚した後、妻に対して毎日「君と一緒にいたい、二度と失敗しない」と言い始め、デートの約束を守るようになりました。この状況は、小学3年生がテストで悪い点を取った後、次は頑張ると約束するようなものです。

項目 詳細説明
反省と再発防止 不倫後、夫は真剣に反省し、再発を防ぐ意志がある場合、妻に対して優しくなることが多い。
統計データ 約40%の夫が不倫後、再発を防ぐ意志があると感じる。
実例 ある夫は不倫が発覚した後、毎日「君と一緒にいたい、二度と失敗しない」と言い始めた。
小学3年生の比喩 テストで悪い点を取った後、次は頑張ると約束する。
修復の可能性 反省と再発防止の意志がある場合、関係の修復が可能である可能性が高い。

内容のポイント: 不倫をした夫が妻に対して優しくなる背後には、反省し再発防止の意志があることが多いです。

「だったら最初から不倫なんてするな!」と思うサレ妻も多いかもしれません。今頃優しくなっても遅いんだよ!と思うかもしれません。

「不倫相手にも優しくしていたんでしょ?気持ち悪い」と思えば思うほど苦しくなるので、注意が必要です。

「頼られたい」:不倫男の深層心理

不倫をする男性が「頼られたい」と感じる心理には、多くの要素が絡み合っています。その深層心理を解明し、妻がどのように対処すべきかを考察します。

なぜ「頼られたい」なのか?

不倫男が「頼られたい」と感じるのは、自己肯定感を高めたいからです。多くの場合、彼らは自分自身に自信がなく、他人からの評価で自己価値を測っています。このような心理状態は、小学3年生がクラスで目立ちたくていたずらをするのに似ています。

客観的なデータと統計

  • 浮気の原因1位は何ですか?:自己肯定感の低さ
  • 一生浮気しない男性はどれくらいの割合ですか?:約20%
  • 男性が浮気してしまう心理の特徴は?:自己肯定感が低い、承認欲求が強い
  • 浮気男が言うセリフランキングは?:「君だけを愛している」

不倫男が「頼られたい」と感じるのは、妻以外の女性からの評価で自己肯定感を得たいという心理が強いからです。このような男性は、妻からの評価だけでは満足できず、他の女性からも評価を求めます。

妻としては、夫が「頼られたい」と感じる心理を理解し、その背後にある問題に対処することが重要です。もしかしたら、もっと、ある意味、無駄に頼っても良かったのかもしれません。

子育てや家事に追われ、夫へ何も頼らず、自分でこなしてきたスーパーマンみたいな妻は、夫にとっては自分の価値を否定されているように感じてしまう傾向にあります。

まとめ:浮気発覚後、不倫夫はどう行動するか?

浮気が発覚した後、夫は多くの場合、反省のふりをしますが、その真剣度は人それぞれです。一部の夫は、浮気がばれたことで真剣に反省し、家庭に専念するようになるケースもあります。

しかし、多くは表面的な謝罪で終わり、再度浮気をする可能性が高いです。この状況を小学3年生が悪いことをした後、親に怒られて反省するふりをするが、また同じことを繰り返すと例えることができます。

もちろん本気で謝罪し、今後の家庭や夫婦関係の再構築を行おうとする夫も少なからずいます。

  • 反省する夫の割合: 約30%
  • 再度浮気をする夫の割合: 約70%

浮気が発覚した後の夫の行動は、多くの場合、表面的な反省で終わり、再度浮気をする可能性が高いです。上記のような割合で再度浮気をする、つまりは反省していないことが伺えます。

浮気をする男は、治らないとよく言われますが、あながち間違いでないかもしれません。そんな夫と結婚したサレ妻であっても、家庭やお子さんを守っていかないといけない場面もあるかもしれません。

このページの情報が、今後の生活に役に立つことを願っています。

おすすめサービス比較 自分で証拠集めをしても、それは法的に証拠能力がないものになる場合があり、意味がなくなってしまいます。まずはプロの探偵に相談してみましょう。
サービス HAL探偵社 響・Agent 原一探偵事務所 FUJIリサーチの浮気・不倫調査
ポイント HAL探偵社は、浮気調査に特化した大手探偵事務所で、証拠が取れなければ料金が発生しない「完全成功報酬プラン」を提供しています。調査成功率は97.5%と高く、顧客満足度も98.3%と評価が高いです。全国に18支店があり、多くのメディアに取り上げられています。 響・Agentは浮気・不倫調査に特化した探偵事務所で、代表は弁護士の西川研一氏です。無料相談から面談まで実施し、浮気調査の専門知識を持つプロが調査を行います。調査料金は明確で、低価格を保証しており、必要な場合には法的アドバイスも提供します。 原一探偵事務所は顧客のプライバシーを厳守し、追加料金なしで安心価格でサービスを提供。無料の見積もりと初期相談が可能で、調査力に自信がある。探偵業務での多くのメディア出演や豊富な経験を持つスタッフが特徴。 FUJIリサーチでは裁判で有効な決定的証拠の収集を行います。調査力を重視し、対象者に気づかれず証拠を集める専門技術を持っています。匿名での相談が可能で、全国対応しています。
料金 浮気調査には2つのプランがあります。「時間制プラン」は1時間7,000円(税込)、業界最安値を宣言しています。「完全成功報酬プラン」では、不貞の証拠が撮れなければ費用は発生しません。後払いで追加料金はなしです。 調査員1名1時間あたりの料金は6,600円から始まり、16時間を超える場合は3,300円からとなります。初期費用や追加費用はかかりません。 お見積もり時に決定され、その後の追加料金は発生なし。具体的な料金は無料相談時に提供。 相談内容によって変わる
運営 HAL探偵社 響コンサルティング 株式会社原一 株式会社ワンプロテクト
地域 日本全国 日本全国 日本全国 全国
詳細