本ページはプロモーションが含まれています。

更新日:2024年6月1日 | Miyabi

夫の不倫に悩むサレ妻たちへ、不倫夫にバレる?浮気調査していることがバレる理由—この問題について、詳しく解説します。

不倫は家庭を崩壊させるだけでなく、心に深い傷を与えます。しかし、浮気調査を始める前に知っておくべきは、その調査自体が夫にバレる可能性があるということです。

GPSの使用、スマホの監視、尾行といった調査方法がありますが、それらが露見する瞬間、状況はさらに悪化します。

この記事では、浮気調査がどのようにバレる可能性があるのか、そしてどうすればそのリスクを最小限に抑えられるのかをお伝えします。

妻が感情的になればなるほど、浮気調査はバレる傾向にあるので、しっかりと冷静に対処するために、内容の確認をしていきましょう。

いろいろと試してお金を無駄にしたくないなら →詳細情報はこちら

目次

サレ妻が知る!浮気調査されているかを確認する7つの方法

夫が浮気をしているかどうか確認するため、以下の6つの方法が一般的ですが、インターネットで検索すると不倫夫に対して、このような場合は浮気調査されている可能性があるとしています。

周囲をよく観察し、尾行や張り込みを疑う

浮気調査されているかどうか疑いがある場合、最も初めに行うべきことは、周囲をよく観察することです。尾行されているかもしれないと感じたら、周囲をよく観察してみましょう。と言われています。

また、以下のようなことをすると、尾行や張り込みがバレるリスクがあるとしています。

  1. GPSの利用: 現代のスマートフォンにはGPS機能があります。この機能をオフにしているにも関わらず、位置情報が他人に知られている場合、尾行の可能性が高いです。
  2. 変わった行動: 不倫夫が急に遅く帰るようになった、または急に出かけるようになった場合、尾行を疑っている可能性があります。
項目 説明
GPSの利用 スマートフォンのGPSをチェックして、位置情報が追跡されているか確認されておりと疑う場合は、GPSをオフにする。
変わった行動 夫の行動が急に変わった場合、尾行されていることを疑っている可能性があります。

内容のポイント:
尾行されているかもしれないと疑う場合、GPSの利用や夫妻の行動の変化に注目することが重要です。

GPSが動かない、急に出かけることが決まったとなると、探偵への情報伝達が遅れ、尾行されないことを知っているためです。不審な動きをしたら、勘付かれたかと用心しましょう。

パートナー(サレ妻)の預金通帳を確認する

不倫の疑いをかけられている場合、パートナーの預金通帳を確認することも一つの方法です。

特に、急な出費や不審な入金があれば、それは何らかの秘密がある可能性を示しています。例えば、探偵への依頼料などです。

  1. 急な出費: 通帳に急な出費が記録されている場合、それは何らかの秘密活動の可能性があります。探偵事務所や弁護士への支払いなどです。
  2. 不審な入金: 未知の源泉からの入金がある場合、それも疑わしいと考えられます。

内容のポイント:
パートナーの預金通帳を確認することで、急な出費や不審な入金など、何らかの秘密活動の可能性を探ることができます。

夫が妻の通帳を気にしたり、カードで残金を確認したりするのは、もしかしたら浮気調査がばれている可能性があるので注意しましょう。その場合は、銀行口座を分けたりすることで回避することができます。

スマホに浮気調査アプリがインストールされていないかを調べる

スマートフォンに浮気調査アプリがインストールされているかどうかを確認することは、その一つの方法です。

浮気調査アプリは、通話履歴、メッセージ、位置情報などを監視することができます。これらの情報は、浮気の証拠となる可能性があります。よって、浮気調査としてそのようなアプリを妻が内緒で入れている可能性があります。

いかが、参考の不審なアプリの探し方です。

不審なアプリを削除する例

スマホの設定を開く

まず、スマホの「設定」アプリを開きます。

アプリ一覧を確認

「アプリケーション」または「アプリと通知」のセクションを開き、インストールされているアプリの一覧を確認します。

不審なアプリを探す

一覧から、不審なアプリや知らないアプリを探します。

アプリの詳細を確認

不審なアプリが見つかった場合、そのアプリの「詳細」を開き、権限や機能について確認します。

アプリを削除する

必要であれば、そのアプリを削除します。

ポイント:スマホに浮気調査アプリがインストールされているかどうかを確認することは、浮気の証拠を探す一つの有効な手段です。

不審なアプリが入っていると言うことは、行動履歴やメッセージ履歴が妻にばれてしまうことを意味します。浮気調査がバレないように巧妙に行う必要があります。ただし、不適切な方法で取得した証拠は証拠として採用されないため、サレ妻には注意が必要です。

盗聴器やボイスレコーダーがないかを調べる

盗聴器やボイスレコーダーが設置されていないかを確認するのも、その一つです。神経質な夫であれば、常に盗聴器の存在を気にしているかもしれません。

なかったものが増えている、物の位置が違うなど、気が付く人は気がつきます。

盗聴器やボイスレコーダーは、個人のプライバシーを侵害する可能性があります。しかし、これらのデバイスが設置されている場合、それは浮気や不倫の証拠ともなり得ます。

盗聴器を見つける方法と例

部屋をよく観察する

まず、部屋の各所をよく観察します。特に、隠れやすい場所や人目につきにくい場所を中心に調査します。

電子機器を確認

テレビ、ラジオ、時計などの電子機器に不自然なものがないか確認します。

専門の機器を使用

市販されている盗聴器探知機を使用して、部屋をスキャンします。

専門家に依頼

必要であれば、専門家に依頼して盗聴器やボイスレコーダーの有無を確認します。

ポイント:盗聴器やボイスレコーダーが設置されているかどうかを確認することは、不倫調査を疑う夫としては、必ずと言っていいほどやっていることかもしれません。

このような情報がすぐに見つかるので、あからさまに盗聴器を仕掛けることはやめた方が良いかもしれません。

カメラがないかを調べる

録画されていないか?は浮気調査されているか疑いがある不倫夫にとって、常に気にしている内容です。以下、インターネットでどのようにカメラを見つけるべきかと言う情報が見つかりました。

手動での確認
  1. 目視確認: 部屋や車内をよく見て、不自然な物や小さな穴がないか確認します。
  2. 触覚確認: 壁や家具、装飾品に触れて、不自然なくぼみや突起がないか確認します。
電子機器を使用
  1. RF(Radio Frequency)探知機: 隠しカメラやマイクが発する電波を探知する機器です。
  2. 赤外線探知機: 夜間撮影用の赤外線を探知する機器もあります。
  3. スマートフォンアプリ: 隠しカメラを探知するためのスマートフォンアプリも存在しますが、その効果には限りがあります。

専門家に依頼

  • 探偵事務所: 専門の探偵事務所に依頼することで、より確実に隠しカメラを見つけ出すことができます。

ポイント:カメラを仕掛けて不貞行為を撮影する場合、多くの場合は住居侵入という罪が適用される可能性があります。

カメラをしかけたことがバレた場合、もしかしたら逆に訴えられるリスクもあるので注意が必要です。

パートナーにはったりをかます「不審者がいる」と言って妻を動揺させてくる

夫が「不審者に尾行されている」と言ってくる背後には、妻を混乱させて自分の浮気行為を隠蔽する意図がある可能性が高いです。

このようなはったりは、妻が夫の行動に疑念を抱くことを防ぐためのものであり、夫自身が何らかの不正行為に手を染めている証拠とも言えます。サレ妻は毅然とした態度で接する必要があります。

はったりをかまされた時の対処方法と例

冷静になる

まず、夫の言葉にパニックにならず、冷静に状況を把握することが重要です。

疑問を投げかける

「どうしてそう思ったのか?」、「何か証拠はあるのか?」といった疑問を投げかけ、夫の反応を見ます。

専門家に相談する

必要であれば、心理カウンセラーや探偵に相談することも一つの方法です。

ポイント:夫が「不審者に尾行されている」と言ってきた場合、その背後には妻を動揺させる意図がある可能性が高いです。 浮気調査がバレたと確信しているわけではない状況であれば、冷静な判断と確かな手段が必要です。

ハッタリを言ってくる場合は、疑いが晴れるまで、もしかしたら少し浮気調査の手を緩めても良いかもしれません。

Miyabi
Miyabi
HAL探偵会社は業界最安値で浮気・不倫調査を行い、全国どこでも対応可能です。探偵業界で初めて成功報酬・後払いが可能で、相談は匿名かつ無料です。私の支離滅裂な言葉も受け止めてくれました。頭の中を整理してくれる探偵さんがいます。
法的に有効な証拠集めをしましょう。不倫/浮気調査専門のHAL探偵社

さらなる調査手段

さらなる調査手段

以下のような浮気調査の手段も考えられると言う情報がありました。気をつけましょう。

サレ妻のスマホの検索履歴を確認する

妻が夫の不倫を疑い、探偵事務所や弁護士事務所を探していたり、何かのやり取りの履歴が残っている場合、夫はそれを見つけようとしてきます。

この行為は、問題のある小学3年生の親が、何かしらの施設に預けようと探しているのを見つかってしまうようなものです。信頼関係を壊す可能性があります。

ポイント:サレ妻はご自身で自分の検索履歴を削除する方法を知っていますか?また、それを忘れずにすることができますか?難しいのであれば、ウェブ検索ブラウザのアプリの機能で、プライベートモードと言うものがあるので、調べてみると良いでしょう。

逆に探偵に依頼する

探偵に依頼するという選択肢も確かにあります。不倫の証拠を集めている妻に対して、違法行為がある場合、逆に訴えを起こすことができるようになるからです。

探偵に依頼するメリット

  1. 専門的なスキル: 探偵はプロフェッショナルな調査スキルを持っています。
  2. 法的有効性: 正確な証拠を提供できるため、裁判での有効性が高い。
  3. 時間の節約: 自分で調査するよりも効率的に情報を集められます。
  4. 精神的負担の軽減: 自分で行うよりも、精神的なストレスが少ない。

探偵に依頼するデメリット

  1. 費用: 探偵に依頼する場合、それなりの費用がかかります。
  2. プライバシーの侵害: 調査対象者のプライバシーが侵害される可能性があります。
  3. 結果の不確実性: 100%の確実性で証拠を得られるわけではありません。

探偵を雇おうとしていた矢先、浮気調査を自分でしていたことがばれて夫に逆に訴えられる、なんてことがないようにしましょう。

夫が浮気をしてカッとなっている時に、冷静に法的なことまで考えられないかもしれません。相手に逆に探偵を雇われてしまっては、危険度がますので、安全を期する場合はできるだけ早く法律に詳しい人に相談することが大切です。

サレ妻が知る!夫が調べる浮気調査を回避する方法

サレ妻が知る!夫が調べる浮気調査を回避する方法

浮気調査を回避する方法を夫が知っていると、妻は証拠を掴むのに苦労します。勘が良い夫だと、すぐに見つかってしまい、浮気調査の証拠が全く得られず、慰謝料請求まで持ち込めないなどもあります。

以下のことを用心するように、と言う情報がありましたので、浮気調査をする場合は気をつけましょう。

角を曲がったら一時停止する

浮気調査が行われているかどうかを疑った場合、角を曲がった後に一時停止するという方法があります。この行動は、尾行者がいるかどうかを確認するのに有効です。尾行者がいる場合、一時停止をしてもその人が停まらない可能性が高いです。このような状況では、尾行者が自分を追っていると確信できます。

項目 説明
尾行の確認 尾行者がいるかどうかを確認するための方法として、一時停止が有効です。
安全性 一時停止する場所は、できるだけ人通りが多いところを選びましょう。
時間帯 尾行が多く行われる時間帯は、夕方以降です。
尾行者の特徴 尾行者は、目立たない服装や車を選ぶ傾向があります。
専門家の意見 専門家は、尾行を確認した場合はすぐに警察に連絡することを推奨しています。

ポイント: 角を曲がった後に一時停止することで、尾行者がいるかどうかを確認できます。尾行者がいる場合、一時停止をしてもその人が停まらない可能性が高いです。

尾行されていると悟られた場合は、警察に連絡されるケースもあります。探偵ではなく知人に依頼するとしたら、どうでしょうか?警察につかまってしまい証拠集めがより難しいものになりかねません。

混雑しているエリアで目立たないようにする

エリアで目立たないように行動することが有効とされています。それは、人が多い場所では、尾行者も目立ちにくく、自分自身も埋もれやすいです。特に、ショッピングモールや駅周辺、観光地などは人が多く、尾行者が目立ちにくい場所とされています。

項目 説明
混雑地の選び方 人が多く、多様な活動が行われている場所が最適です。
行動パターン 予測しにくい行動をすることで、尾行者を混乱させます。
服装 地味な服装で目立たないようにしましょう。
時間帯 土日や祝日、イベントがある日は特に人が多く集まります。
専門家の意見 尾行を疑った場合、専門家は警察に報告することを推奨しています。

ポイント: 混雑しているエリアで目立たないようにすることで、尾行者から逃れやすくなります。特に、人が多く集まる場所は尾行者にとっても目立ちにくいため、有効という情報があります。

人混みの多いところへ無理にでも行こうとするのであれば、夫はもしかしたら不倫をしている可能性も考えられるということです。

定期的に背後の状況を確認する

浮気調査が行われているか疑う場合、定期的に背後の状況を確認することが有効です。これにより、尾行者がいる場合でもその存在に気づきやすくなります。特に、交差点や信号待ちの際、後方を確認することで、同じ車や人物が何度も現れる場合は警戒が必要です。

項目 説明
背後確認のタイミング 交差点や信号待ち、エレベーター内などで確認すると良いです。
尾行者の特徴 尾行者は目立たない服装や車を選ぶ傾向があります。
確認方法 鏡や窓ガラスを利用して、目立たずに後方を確認する方法もあります。
専門家の意見 尾行を確認した場合、専門家は警察に報告することを推奨しています。
安全対策 尾行を感じたら、人が多い場所へ移動することが推奨されています。

ポイント: 定期的に背後の状況を確認することで、尾行者がいる場合でもその存在に気づきやすくなります。特に、交差点や信号待ちの際は最も確認が必要ですと言われています。

後ろを振り向く回数が多ければ、尾行している人の顔を覚えられてしまうということです。探偵であればかなり遠い位置から情報収集をするのが常ですが、サレ妻自身がもし自分で尾行しようとする場合は注意が必要です。

人通りの少ない駅で下車して状況を探る

浮気調査されているか疑う場合に、人通りの少ない駅で下車して状況を探るという方法は、一般的には以下のような手順で行われることが多いです。

  1. 人通りの少ない駅を選ぶ: まず、人通りが少なく、目立たないような駅を選びます。
  2. 下車する: 駅に到着したら、電車から降ります。
  3. 周囲を観察する: 駅のプラットフォームや出口付近で、しばらく立ち止まって周囲を観察します。
  4. 移動する: 何も怪しい点がなければ、次の電車に乗って目的地へ向かいます。
  5. 再度観察する: 次の駅で再度下車して、同様の観察を行います。
  6. 状況を分析する: これらのステップを繰り返し、何か怪しい人物や行動を見つけた場合は、その後の行動を検討します。

人が少ない駅で、見たことがある顔があるとすぐにばれてしまい、逆に質問される可能性もあります。突然おかしな駅で降りたりすると、浮気調査がばれてしまっている可能性がありますので、注意が必要です。

何度か同じ顔に遭遇していないか注意する

浮気調査されているか疑う場合に、何度か同じ顔に遭遇していないか注意するという方法は、以下のような手順で行われることが一般的です。

  1. 周囲を観察する: まず、日常生活での移動や活動中に周囲をよく観察します。
  2. 顔を記憶する: 怪しいと感じた人物がいれば、その顔をしっかりと記憶します。
  3. 場所を変えて確認する: 何度か違う場所で同じ人物に遭遇した場合、それはただの偶然ではない可能性が高いです。
  4. 時間を置いて再確認する: しばらく時間を置いてから再度、その人物が近くにいるかどうかを確認します。
  5. 行動を検討する: 同じ人物に何度も遭遇した場合、その後の行動を慎重に検討する必要があります。例えば、専門の探偵や法的なアドバイスを求めることも考えられます。

ポイント: 同じ人物に何度も遭遇した場合は、その後の行動を慎重に検討することが重要です。と言う情報がありました。尾行されている、観察されているというのは、気づいてしまうものです。

ましてや同じ顔が何度もあると疑いは強くなることでしょう。不倫夫は周囲への警戒心が高まるため、このような心理があることを覚えておきましょう。

電車の扉が閉じるギリギリで乗ったり降りたりする

浮気調査が行われているか疑う場合、電車の扉が閉じるギリギリで乗ったり降りたりするという方法があります。尾行者がいる場合、ギリギリでの乗車・降車に対応できない可能性が高いです。

電車やタクシーなど、タイミングを逃すと尾行を中断せざるを得ないような状況を作ることで、尾行されているかどうか?を確認する手段として紹介されています。

項目 説明
タイミング 電車の扉が閉じる直前に乗車・降車することで、尾行者を確認できます。
安全性 この方法は危険な場合もあるため、安全を確保しながら行ってください。
尾行者の反応 尾行者はギリギリのタイミングに対応できない場合が多いです。
専門家の意見 尾行を確認した場合はすぐに警察に連絡することを推奨しています。
代替手段 ギリギリでの乗車・降車が難しい場合、他の方法で尾行者を確認することも考えられます。

ポイント: 電車の扉が閉じるギリギリで乗ったり降りたりすることで、尾行者がいるかどうかを確認できます。

何事もギリギリの行動をする癖がある人を尾行するのは難しいとされています。行動の規則性がない、あるいは規則性をなくそうとしている動きがある場合は、浮気調査がばれている可能性があります。

まとめ:サレ妻が知る!不倫夫が妻に浮気調査されているかを確認し、回避するための総括

不倫をしている夫を小学3年生に例えると、まるで「隠れてお菓子を食べている子供」のようです。知られたくない事実を隠して、しかし最終的には親(この場合、サレ妻)にばれてしまう可能性が高いのです。

浮気がバレる兆候

夫が浮気をしている場合、妻が調査を始める兆候がいくつかあります。 例えば、妻が急にスマホを触る時間が増えたり(探偵や弁護士を探している)、夫の行動に対して疑問を投げかけるようになる(GPSやカメラ、ボイスレコーダーなどが仕込まれている)などです。これらは妻が浮気調査を始めた可能性が高いと言えます。

浮気調査を開始したことがバレバレであれば、夫もそれに反応して証拠を見せないようにしてきます。気をつけるべきは、妻が感情的にならないことです。怒りが生まれるとそれだけバレるリスクが高くなります。

夫は、妻の行動をよく観察しているものです。自分がどこに入ればいいのか?何をしていたらばれないのか?を考えているものです。その目をかい潜り、しっかりとした証拠集めをしようとした場合、妻が冷静に対処することが求められます。絶対に責め立てたり、証拠が不十分な段階で夫へ感情的な話をしない方が得策です。

6月の優良おすすめサービス こちらのサービスも比較してみてください。たくさんのお問い合わせありがとうございます。
順位 1位 2位 3位
サービス HAL探偵社 響・Agent 原一探偵事務所 FUJIリサーチの浮気・不倫調査
ポイント HAL探偵社は、浮気調査に特化した大手探偵事務所で、証拠が取れなければ料金が発生しない「完全成功報酬プラン」を提供しています。調査成功率は97.5%と高く、顧客満足度も98.3%と評価が高いです。全国に18支店があり、多くのメディアに取り上げられています。 響・Agentは浮気・不倫調査に特化した探偵事務所で、代表は弁護士の西川研一氏です。無料相談から面談まで実施し、浮気調査の専門知識を持つプロが調査を行います。調査料金は明確で、低価格を保証しており、必要な場合には法的アドバイスも提供します。 原一探偵事務所は顧客のプライバシーを厳守し、追加料金なしで安心価格でサービスを提供。無料の見積もりと初期相談が可能で、調査力に自信がある。探偵業務での多くのメディア出演や豊富な経験を持つスタッフが特徴。 FUJIリサーチでは裁判で有効な決定的証拠の収集を行います。調査力を重視し、対象者に気づかれず証拠を集める専門技術を持っています。匿名での相談が可能で、全国対応しています。
料金 浮気調査には2つのプランがあります。「時間制プラン」は1時間7,000円(税込)、業界最安値を宣言しています。「完全成功報酬プラン」では、不貞の証拠が撮れなければ費用は発生しません。後払いで追加料金はなしです。 調査員1名1時間あたりの料金は6,600円から始まり、16時間を超える場合は3,300円からとなります。初期費用や追加費用はかかりません。 お見積もり時に決定され、その後の追加料金は発生なし。具体的な料金は無料相談時に提供。 相談内容によって変わる
運営 HAL探偵社 響コンサルティング 株式会社原一 株式会社ワンプロテクト
地域 日本全国 日本全国 日本全国 全国
詳細